お知らせタイトル

背景

「ひとつ分」と「いくつ分」

こんにちは。
テラコヤバブの大井田です。

先日の学習では、小学二年生の男の子と算数の勉強をしました!

彼は、学校の授業を先取りして、九九の暗唱が出来るようになってからというもの、
自信がついたようで、集中して勉強する時間も増えてきています。

ところで、小学校の算数では「9×9」の答えが分かることを目標としていません。

それは、なぜ9×9が81になるのか?という問題に対して、
「ひとつ分」と「いくつ分」という考え方を身に付けることを目標にしているからです!

公式ではなく考え方を身に付ける必要があるんですね!
そこで、この日の授業では、おはじきを使って2の段と3の段を操作しながら勉強しました。

「3×7」をおはじきで表現したり、2のかたまりが5つあるおはじきを見て、かけ算に変換をしたり、
実際におはじきという具体物を置くことで、数量のイメージを喚起しながら練習をします。

なかなか、かけ算の本質を理解する部分については、単純に九九を暗記することよりも難しいようでしたので、ぜひ来週も一緒に勉強をして、考え方を身に付けたいと思います!

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン