お知らせタイトル

背景

「スケジュール表」と「お楽しみプリント」で楽しく勉強をしているSくん

こんにちは!(^^
テラコヤバブの佐伯です♪

本日は、テラコヤで学習をがんばっているSくんについてお伝えをします☆
Sくんは特別支援学級の小学生。テラコヤでは、学習塾と放課後等デイサービスの両方を利用しています。

自分の「やりたい!」という気持ちを大事にしているお子様のため、
たとえば、授業の途中で「ブロック遊びがしたい!」という気持ちが出てくると、
「ブロック遊びがしたい!」という気持ちが高まっていき、なかなか学習に集中することが難しいこともあります。

そこで、Sくんと学習をする時には、
①一日のスケジュール表を立てること
②途中でお楽しみプリントに取り組むこと
このふたつを導入しています。

<①一日のスケジュール表を立てること>
テラコヤに来たら、まずはじめに決めることが、スケジュール表です。
今日一日、テラコヤの中でどんなふうに過ごすのか、
Sくんと一緒にスケジュールを立てることで、自分自身も納得のいく過ごし方ができます。

最初はデイサービスで、おやつを食べたり、遊びをします。
その後、学習塾の時間になったら、一緒に勉強をします。

最初は「やりたくなーい」と、勉強モードに切り替えるのが難しくても、
先生と一緒に、自分で決めたスケジュールなので、
スケジュール表を見ながら、いったい何時まで学習をするのか確認し、
意を決して、勉強道具を持って立ち、机に向かいます!

<②途中でお楽しみプリントに取り組むこと>
また、単純に学習をするだけでは、1対1の環境で60分間、集中をして学習するのは、大人でも少し大変です。
そこで、Sくんとは、「このプリントが終わったら、お楽しみとして点つなぎをしよう!」と、
お楽しみのプリントを途中で行います。

なお、「点つなぎ」とは、1から順番に線をつないでいき、クワガタやカマキリなど、絵を完成させるプリントです。

この学習は、1から順番に数をかぞえあげる練習になり、また、ある点とある点を結ぶ際に、
次の点がどこにあるのか探すことが、眼球運動のトレーニングにもなります。

クワガタやカマキリといった絵を完成させるのが楽しいだけでなく、
国語の教科書や長文読解の問題で、どこを読んでいるのかを見つけるための練習にもなるんです♪

このように、テラコヤバブでは、勉強が苦手、あるいは、あまり好きではないというお子さんでも、
一緒に楽しく勉強できる方法を考えて、お子様が一番取り組みやすい方法で、学習を行っています!

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン