お知らせタイトル

背景

「数」って簡単? 難しい?

こんにちは!テラコヤバブの上村です。

今回は、小学3年生のお子さんについてご紹介いたします。

算数の学習場面、「数」の概念理解って改めて考えると難しいものです。

数字で、例えば「8」という数があります。
数の概念と数字とのマッチングを課題の一つとしているKさんは、
「8」と筆記することはできても、1が8つ集まったものという認識には
結びつきにくい様子です。

そこで、本人の視覚に訴えかけてみます。

まずは玩具のブロックを10個ほど用意します。
それを本人の前に提示し、「8個、先生にください」と伝えます。
すると彼女は「1、2、3、・・・」とゆっくり数え始めます。

「はい、8個!」
彼女が迷いなく差し出す8個のブロック。

そう、それが「8」という数です!!

彼女が紙に書いた数字の「8」と、数えたブロックの「8」個。
具体物を用いて、目で見て理解してもらう試みに、本人もなるほど合点がいった
様子でした(^^)

口頭での説明による理解促進が難しい時、視覚からの情報が手がかりとなるケースもあります。
今回使用したブロックは、例えば指を使うことや紙に「〇」を書くことでも代用可能だと思います。

一見易しそうに思える数字の理解ですが、「数」の概念が苦手なお子さんは、
ぜひ、具体物を使って、「まずは5までの数」という具合に、徐々に学習をすると良いでしょう。

テラコヤでは、お子様の特性や状況に合わせて、学習教材や学習内容を設定し、
苦手な部分の克服や得意な部分の向上にご協力をいたします☆

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン