お知らせタイトル

背景

「直せるチャンス」で花丸をゲット!

こんにちは。
テラコヤバブの大井田です。

早速ですが、授業の多くは集中して取り組みやすい、簡単な計算問題や漢字問題から始めます。

お子さんの特性に応じて時間を測ったり、お子さん自身に問題を選ばせたりします。

本日、一緒に勉強した4年生の男の子は、漢字プリントで満点を取り、花丸をもらうというのが何よりの日課。

そのため、たとえ漢字が間違えていても、答案用紙にバツ印はつけず、
「直せるチャンス到来!!1分間だけ!」といって再チャレンジしてもらいます。

これは、「そこはまだ採点してないよ!」という合図です。
すると彼は、必死になって間違っている部分を探し、直します。

ここで気を付けているのは、「指摘しすぎない」こと。
合っていないところだけ返す。

何が違うのか、どこが合っていないのかはお子さん自身に考えてもらいます。

もし、間違った認識をしていれば間違いにすら気づかないはずです。
また、間違いを見つけられるのであれば、正しい認識ができていることの確認になります。

そして、今日もその男の子は再チャレンジを生かして満点の花丸をゲットしていました!!

わずか10分間の取り組みですが、集中力も意欲も高まった段階で、新たな課題に移ることができます。

勉強に対して苦手意識の強い子どもたちにとっては、成功体験を得て、
自分に対しての自信を深めるということが、今後の人生にとって何よりも重要なことだと思っています。

「失敗させない」とはいいませんが、できない問題が多いお子さんにとっては、
「失敗は成功のもと」という格言は耳に入りにくいはずです。

だからこそ、お子さんが一番学びやすい形で、私たちは授業を行っているのです。

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン