お知らせタイトル

背景

【イベント開催報告】グループホーム見学会&懇談会を実施いたしました。

先日の12月17日に、新宿区のぽけっとの会(日本ダウン症協会 新宿支部)様と共催で、
グループホーム見学会&懇談会を開催いたしました。

当日は保護者様だけでなく、ご本人様たちにもご参加いただき、8組15名の皆様と一緒に、
社会福祉法人 新宿区障害者福祉協会が運営するグループホーム ぽけっと様へ、
見学をさせていただきました。

(偶然にも、団体名と事業所名が同じ「ぽけっと」様という名称でした)


【開催の経緯】
当塾では、高校を卒業した後の自立を考えるきっかけとして、
保護者様と共同でセミナーや勉強会を随時開催しております。

そうした折、ぽけっとの会様と相談をさせていただいた席で、
保護者の方たちにとって、お子様の年齢を問わず、
「将来の自立」ということが、大きなテーマとして捉えていらっしゃるというお話を伺い、
実際に、20歳前後の会員様も増えていらしたということで、今回の企画が決まりました。


【第一部】見学会
前半は、グループホーム ぽけっと様の松尾様・飯田様にご協力いただき、
お部屋や施設内の見学をさせていただきました。

現在、グループホーム ぽけっと様では、6名(男性5名・女性1名)の方が、
2階建てのホームの中で共同生活をされているそうです。

設備面としては、1階にリビングとキッチン、個室(2部屋)、浴室、お手洗いがあり、
2階には個室(4部屋)とお手洗い(2ヶ所)といった間取りでした。

どのお部屋も明るく、また安全・防犯にも考慮した設備など、
大変整った環境で生活をされている様子が伺えました。

ご案内いただいた松尾様・飯田様には、終始ご丁寧に施設内をご案内をいただきながら、
参加した保護者様の質問にも応じていただきました。

グループホーム ぽけっと様の場合での利用方法や料金の仕組み、
1日の過ごし方や支援体制のお話など、細かなご説明もいただけたことで、
実際に生活する場合のイメージをする上で、有益なお話を聞くことができました。



【第二部】懇談会
後半は、新宿区のぽけっとの会様と弊社スタッフで懇談会を実施いたしました。

実際に見学をさせていただいた中での感想をお話いただいたり、
将来の「自立」とは何か、何歳頃までに自立をしたいかなど、
様々な意見交換をさせていただきました。

その中で印象的だったことのひとつが、保護者様たちのお考えの中で、
「自立のために、親元を離れて暮らして欲しいという思いもありつつ、
 なかなか、心情的には家を離れてしまうのは寂しい思いもある」という点でした。

グループホームのような将来的な自立を支援する設備は存在するものの、
そうした社会的な資源を、どのように活用しながら将来を設計していくのかを考える、
私たちとしても非常に良い機会となりました。


今回、ご協力をいただいた新宿区のぽけっとの会様、
そして、見学を受け入れてくださったグループホーム ぽけっと様、
このたびは、年末のお忙しいところ誠にありがとうございました。

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン