お知らせタイトル

背景

ちょっとした工夫で計算スピードがぐーんとアップ☆

こんにちは!
テラコヤバブの佐伯です。

今日は、一緒に学習をしている小学生のお子様で、
計算の速度が急上昇をしているお子様を紹介します♪

さて、みなさんは「百ます計算」というのをご存知でしょうか?

足し算やかけ算九九の練習によく使われる、縦と横の軸に、
それぞれ「1、2、3、4、・・・」と数字が書かれており、
縦軸と横軸の数字を足したり、かけ算をするプリント学習の方法です。

正確に、そして早く、計算問題を解くのに役立つため、
学校や家庭学習で行っているというお子様もいらっしゃると思います。

Hくんも計算力の向上を目的に、百ます計算でかけ算に取り組んでおりましたが、
一の段、二の段と、段を分けて九九をやれば、間違いは少ないにもかかわらず、
百ます計算では、計算の誤りが多く見られたり、
あるいは、全問を解き終えるのに10分近くかかる時もありました。

そこで、百ます計算をやる際には、「定規」を使い、
縦の軸に合わせて定規を横に移動しながら計算することで、
今どこの問題を解いているのかが分かりやすいよう、助言をいたしました。

すると、Oくんは計算の正確性の面では、多い時には半分以上間違えていたのが、
2~4問程度の間違いのみに減少しました。

また、計算スピードに関しても、8~9分と時間を要していたのが、
5分、4分と着々と短縮することができました!

しっかりと定着をしてきた計算力を武器に、
2ケタのかけ算や割り算の問題にも挑戦していきましょう!☆

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン