お知らせタイトル

背景

作業学習 テーマ『コードを束ねよう』

こんにちは、テラコヤバブの上村です。

突然ですが、当ブログをご覧の皆様は、
電化製品のコード、上手く束ねることができますか?

現在高校生のMくんは、普段テラコヤにて、
漢字練習やお金・時間の計算といった学習に取り組んでいます。

基礎的な学力の向上もそうなのですが、学年が上がるにつれ、
卒業後の進路を見据えた能力及び技術の習得も、
本人にとっての重要な課題の一つとなってきます。

今回は、先日行われたMくんとの授業における学習の模様について
ご紹介させていただこうと思います。
Mくんは翌月、就労に向けた実習を控えています。

上村「今日は、作業学習をやります」
Mくん「はい、やります。・・・作業学習って何ですか先生」
上村「それは・・・、ジャーン!これを使います!!」

用意したのは、PC用のマウスと掃除機!
それぞれ長さは異なりますが、コードが付いています。

上村「このコード、Mくんに上手く束ねてほしいです」

Mくん「はい、束ねます・・・」
返事は快いものの、何が始まるんだろうと不安そうな表情がうかがえます。

まずは、私が一連の手順について実演します。
①コードを最大限伸ばし、1本の線状にする。
②コードの両端同士を合わせ、ちょうど半分の長さにする。
③②をさらに半分、また半分と折り、最後は20cm程度の長さにする。

私の説明を見聞きするうちに、「なるほど」という表情に変わるMくん。
いざ、実践です!

まずはマウスの方から。
1回目は、私は介入せず、Mくんの思うようにやってもらいました。
手順②でコードの両端同士が合わず、やや苦戦の模様。
手順③「半分、また半分・・・」の工程でも長さが余ってしまい、
結果は、惜しくも失敗。

1回目の挑戦の後、どこに問題があり失敗だったのか、
Mくんと振り返ります。

上村「今度はコードの両端が合うように!」
2回目の挑戦の前には意識付けの声かけをします。

何に注意して作業に取り組めば良いのか、
Mくんは気付いたようでした。

今度は2回目、3回目と続けて成功!

Mくん「上村先生、出来ました!」

当初の不安が次第に自信へと変わる様子が、
私には伝わりました^^

コードの長さが1mを超える掃除機についても、
基本的な手順はマウスと同じです。
始めはその長さに戸惑うMくんも、
経験を重ねると要領を得て応用もクリアできたのでした。

普段とは違う授業のスタイルでしたが、
今回のような経験が、Mくんにとって実践への糧となるよう、
また新たな試みにも挑戦していってほしいと思います。

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン