お知らせタイトル

背景

文章力の鍛え方①

こんにちは!テラコヤの中村です。

自分は何回かに分けて文章力の鍛え方のお話をしていきたいと思います。
今回はその第一回目です!

教室に通っているお子さんの中には、
作文を書くことに対して苦手意識のあるケースがとても多いです。

そこで、今回お伝えするポイントは次の2点です。

①自分の好きなことや学校のことなど、関心のあるものや話しやすいものから文章力をのばす ②お子様が書いたものを、まずは褒める

まずは、

①自分の好きなことや学校のことなど、関心のあるものや話しやすいものから文章力をのばす

について、ご説明いたします。

多くの場合、そうしたお子さんに共通しているのが、
そもそも「文章を書くのがいや!」、「めんどくさーい!」
というような抵抗感を持っているということです。

そんな子には、まず文章を書くことに対する抵抗感を無くすことから始めていきます。

自分の好きな話題、例えば学校の行事のことであったり、家族のことであったり、
もっと言えばゲームやアニメのことでもいいので本人がたくさん喋れそうな話題を見つける。

そのことについて自由に書かせると、
お子さんは案外たくさんの文字数のある文章をさらっと書いてしまいます。

あんなに文章を書くのがいやそうだった子が、と思うととても不思議なことでもあります。
そしてそれをいきなり添削するのではなく、まず褒める。
そうすることによって、次の文章を書くときの抵抗感がぐっと減ります。

これが、
②お子様が書いたものを、まずは褒める

ということです。

逆に、いきなり添削して間違い場所などを指摘していくと、
「やっぱり何か言われるから書くのいやだな…」
と苦手意識がさらに増してしまいます。

書いてくれたことをまず褒めてから添削をする。
それが、お子さんの文章力を成長させる第一歩となるのです。

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン