お知らせタイトル

背景

見通しを立ててメリハリをつける。

こんにちは^^
テラコヤバブの佐藤です!

今日は、学習のメリハリについてご紹介します。

テラコヤバブでは基本的に、
小学生は60分、中学生は90分という時間で学習を進めていきます。

それぞれの時間をどのように使うかは個々人によってバラバラですが
佐藤の担当するクラスでは、1コマの授業で平均2~3つのメニューを行います。

Iくんの60分の授業を例に取ると、最初に学校の宿題の漢字練習を行い、
次に算数のプリントで、最後にかけ算の練習というようにメニューを決めて行います。

授業の始めに、その日のメニューを決めて、
1つのメニューを達成する目安の時間も一緒に相談して決めます。

Iくんは、学校の宿題をやらなければいけないのですが、
苦手な科目であると、なかなかスムーズに自分で学習を進めることが難しいようです。

しかし、授業の最初に1つのメニューを終わらせる目標の時間を設定すると、
自分で設定した時間の中で、自分のペースで学習を進めることができるため、
60分の中で「やるべきこと」をしっかりと終わらせ、さらには「やりたいこと」に時間を割くことができます。

このように、授業の始めにその日の学習の見通しを立てて、
さらにその見通しが、目で見てわかるようにしておくことで、
学習に対する不安が1つ軽減し、苦手なことでも取り組みやすくなるのです。

集中が持たない、と思われる長さの時間でも、
細かく区切っていくことで、学習にメリハリがつきます。

家庭学習の際にも、ぜひタイムスケジュールを立ててみてはいかがでしょうか?

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン