お知らせタイトル

背景

諦めないことを続けるYくん

こんにちは!
テラコヤバブの佐藤です。

本日は先週ご紹介したOくんと同じように、テラコヤに週2回通ってくれている、
中学生のYくんをご紹介します。

Yくんは、週2回の中で国数英の3科目を勉強しています。

今日から新しいやり方に変えて、90分まるまる英語に費やして授業を行いました。

他の教科に比べて、英語に対して苦手意識を持っているYくん。

先週の授業で、5つの文章の日本語訳を宿題に出してありました。

答え合わせをすると、なんとなく全体の意味はとれているけれど、
細かく見ていくと、英単語と日本語の意味が照らし合わさっていないことがわかりました。

一文一文を、丁寧に分解して、たくさん質問をしていきます。

= = = = = = = = = =

佐藤「”says goodbye to them and goes away”ここ訳してみて?」

Yくん「”says”てなんですか?」

佐藤「じゃあ辞書を引いてみよう。その前に”says”てこのままで辞書引けるかな。」

Yくん「sayにsがついている。」

佐藤「そうだよね!じゃsayを辞書で調べるとして、このs何だろう?」

Yくんは考えます。

とにかくじっくり考えます。

Yくん「・・・わかりません」

佐藤「うん。じゃあ主語に注目してみよう。”goodbye”と言ったのは誰だろう?」

・・・と授業は続きます。
= = = = = = = = = = =

Yくんは、間違いが続いたり、うまく答えにたどり着けなかったりしても講師の質問をよく聞き、
時間をかけて根気強く取り組むことができるという強みをもっています。

それは苦手な英語でも同じです。

自分で考えて、考えて、考え尽くして、
それでも答えがみつからなかったら、「わからない」とはっきり述べることができるYくん。

たしかに時間はかかるけれど、一つ一つ丁寧に考えることを行うYくんは、
得意不得意に左右されず、どんなことに対しても力を尽くすことができるのではないでしょうか。

毎日の積み重ねとともに、これからもテラコヤで一緒に勉強していきたいと思います!

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン