お知らせタイトル

背景

”9歳の壁”

こんにちは。情熱!テラコヤ塾です。



みなさんは“9歳の壁”という言葉を聞いたことはありますか?
子どもの発達を考える上で、この“9歳”という年齢は
とても重要な意味を持っています。








小学校でいうと3~4年生にあたりますが、
この時期のお子さんは、抽象的な概念や客観的な視点というものを
獲得していく時期にあります。

それまでは目に見える、身近で具体的なものを使った学習をし、
自分を中心に物事を考えているのですが、
この時期から徐々に目に見えないものをイメージで処理し、
自分が他者からどのように見られているかということを気にし始めます。

お子さんによって発達のスピードは様々なので、
こういった変化が始まる時期や強度も多少の違いはありますが、
少なくとも学校の勉強はこうした子どもの発達を念頭において
カリキュラムが組まれています。
算数で小数や分数の学習が始まるのも3年生からです。

勉強が難しくなる上、さらに他者からの視線を気にするようになるので
勉強でつまずきが出てきてしまった場合、自分と他者を比べて
自信を無くしてしまうことが懸念されます。


また、この“9歳”という時期は「ギャンググループ」と呼ばれる
集団を作り始める時期でもあります。
それまでは家が近い・席が隣だからなど、物理的な距離の近さ等で
形成されていた友達関係から、好きな遊びが同じなど「同じであること」
によって結ばれる「仲間」集団になっていきます。
自分たちの中だけではありますが、集団内には暗黙のルールのようなものが存在し、
ここで初めてお子さんは一つの小さな「社会」を経験するのです。


よく、保護者の方から「勉強やSSTをいつ始めればいいのかわからない。」
とご相談をいただきます。
もちろん、お子様の特性や状況によって様々ではありますが
ご検討いただく際にはぜひこの“9歳”という年齢を念頭に置いて
いただければと思います。
その年齢になってみなければわからないことも多々ありますが、
問題が起こってしまってから対処するより、未然に防げるのであれば
事前に学習しておいて損はないと思います。


現在、テラコヤ塾では小学生向けにSSTの体験会を実施しております。
※詳しくはこちら↓
小学生向け 生き楽コース(SST)体験会のお知らせ



“9歳”目前の小学1~2年生、“9歳”真っ只中の小学3~4年生、
もちろん“9歳”を過ぎた小学5~6年生も、たくさんの方に
ご参加いただければと思っています。

ぜひご検討ください!

  • この記事をみんなに広める!▶

\お気軽にお問い合わせください/

資料請求・無料相談・無料体験

WEBからのお問い合わせはこちら

03-5439-9766
受付時間 9:00~19:00(月~金)
© D&I Inc. All Rights Reserved. 水滴アイコン